乳酸菌とアトピーの関係

アトピー性皮膚炎は子供がかかるものと考えられていましたが最近では大人になってからでもかかる人が増加しています。

原因はわかっていませんが遺伝によるアレルギー体質、ストレスや食生活が関係していると考えられています。最近の研究で乳酸菌がアトピーに効果がある事がわかりました。アトピーは身体の中にある免疫細胞の異常な反応が起きたときにおこります。

免疫細胞にはさまざまな役割をもつ細胞がありますがウイルスが体内に侵入してきたとき攻撃して退治する役目があります。その時に同じ種類の敵が侵入した時に攻撃できるように抗体ができますが抗体が過剰にできるとアレルギー反応を起こす原因になります。

アトピー性皮膚炎患者は腸壁のバリア機能がもろい時にアレルゲンが侵入しやくすなります。乳酸菌は腸壁を治す効果があるのでアレルゲンの侵入を防止する事ができます。アトピー性皮膚炎に効果的な菌の種類はさまざまあります。

腸内の善玉菌を増やし免疫力を高める事が大切です。免疫力を高めるためには腸内環境を整える事です。免疫力を高め自律神経やホルモンバランスを整え体の状態を良好にする事がアレルギーを改善する方法です。
参考:米のしずく口コミ※私はアトピー肌なので購入して飲んでみました
腸内環境を整える事はアトピーだけでなく生活習慣病改善にも効果的です。