エッセイとの再会

読書好きの私だが、手持ちの本を読みつくしてしまい、そこらへんにあった本を一冊手に取った。さくらももこのエッセイ「たいのおかしら」だった。実はこの本は以前手に取ったことがある。20年近く前の小学校、確かあれは4年か5年の頃のことだったと思う。私の小学校では各クラスの後ろに数冊の本が置かれていたのだが、その一冊がまさにこの本だったのだ。
Continue reading “エッセイとの再会”